すし処 慎一の新商品が対馬で販売開始

全国2位の生産量を誇る対馬のアナゴを使った常温の加工品「対馬あなご まぜごはん」「対馬あなご 生姜煮」も対馬で販売開始されました!




まぜごはんはその名のとおり、炊き立てご飯にまぜるだけ。


すし処 慎一さんで出てくるような本格的なまぜごはんがお家で食べれます。



生姜煮は瓶詰めになっています。そのままでも、お料理にプラスしても。白ごはんに乗せてもそれはもう最高です。


対馬で、三兄弟で漁業(長男)・飲食(次男)・加工(三男)等を展開されている「すし処 慎一」の築城さん。



上対馬にわざわざ足を運んで、すし処 慎一を目当てに来る観光客も増えてきているそう。おかげさまで、弊社佐須奈の雑貨店の売上も上がっているのかも?比田勝の交流人口拡大に大きく貢献されている事業者さんです。



2年前から商品開発を行い、株式会社グラッツェミーレの森澤シェフの協力のもと、ついに商品販売に至りました。




どちらもすし処 慎一さんで販売を開始しています。

今後、高知県のグラツェミーレの工場で製造していき、島内はもちろん、グラツェさんの販路を生かして全国・世界に販売していきます。


グラツェミーレさんの生サラダドレッシングは最高です。 自社工場では、色々な商品開発や委託製造もされていらっしゃいます。 http://www.graziemille.info

グラッツェミーレの森澤シェフには、五島奈留島の奈留町漁協の加工品の開発にも携わっていただき、長崎の海に惚れ込んでくださっています。




MITでは、商品販売の企画、アドバイザーの招聘、パッケージや啓発物の作成など、商品開発に少し関わらせていただきました。


これからもMITが触媒となって色々な関係者や専門家を繋ぎ、どんどん新商品開発や販路開拓、情報発信、広報ツール作成等のお手伝いなど、色々な事業者さんと進めていけるように精進してまいります。

79回の閲覧0件のコメント