佐須奈小中学校が対馬初コミュニティ・スクールへ

更新日:2020年10月10日

先日佐須奈小中学校の学校運営協議会に代表が出席してきました。


全国的に進められているコミュニティ・スクール(地域が学校運営に積極的に関わっていくことで子どもたちの育成と郷土愛の醸成、地域の活性化を図るモデル校)ですが、対馬市の第一号は佐須奈小中学校になりました。


小・中一貫校であり、もやいの会をはじめとする地域団体の活動も多いということで、対馬市から選定を受けたとのことです。

そしてこのたび、学校運営協議会の委員の一人、そして「地域コーディネーター」の役割を拝命することになりました。


校長の経営方針にある子どもたちの「生きる力」を高めていくために私たちができることは何か。 私やMITがどのようにお役に立てるかは分かりませんが、お仕事をいただく以上、地域に根付く事業者として何かしらのアクションをとっていきたいと思います。



18回の閲覧0件のコメント