第1回 森里海を結ぶフォーラムにパネリストとして代表が参加します

北海道への視察で訪問したシマフクロウ・エイドの菅野夫妻のご紹介で、本フォーラムに代表が参加させていただくことになりました。ツシマヤマネコと共生する農業を目指して、地元農家が生産する「佐護ツシマヤマネコ米」や森づくり、普及啓発・ESDの取組みなどを紹介します。




【第1回 森里海を結ぶフォーラム】~自然とつながり広がる世界~ —————————————————————————— ◆日時:2021年4月2日(金)~4月4日(日) ◆場所:長崎県諫早市 ◆開催目的:全国的な森里海のプラットフォーム構築の提言

 全国各地の活動家の講演や報告、植樹祭、 絶滅危惧種の声から環境問題を紐解いていきます。 是非ご一緒に森里海のつむぎ直す今日的意義を共有しませんか? ▼詳細は以下イベントページをご覧ください。 https://sites.google.com/view/1st-morisatoumi-forum/



「絶滅危惧種円卓会議 」9:30-12:30鎮西学院大学 西山ホール

基調講演「自然の権利と森里海」大久保 規子様(大阪大学大学院法学研究科教授)

円卓会議1「絶滅危惧種からの報告①」

     シマフクロウ / カワガキ / アカウミガメ / ニゴロブナ /ツシマヤマネコ

講演1「絶滅危惧種と子どもには社会を変える力がある」

飯島 博氏(認定NPO法人アサザ基金代表)

円卓会議2「絶滅危惧種からの報告②」

コウノトリ / カブトガニ /チョウセンハマグリ / 二ホンウナギ

講演2「森里川海大好き子どもたち」鳥居 敏男氏(環境省参与)



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示