top of page
  • 執筆者の写真元 吉野

第2回長崎大学環境交流セミナー

「対馬の持続可能性って何だろう~森・川・里の視点から~」


昨年度に引き続き、弊社で運営の支援をさせていただきます。


今年は、もりびと協同組合との共催になりました。

そして、なんと森林総研の中静理事長に基調講演をしていただくことになりました!!

長崎大学さんや対馬もりびと、MIT等による口頭発表やポスター発表も充実していますので、是非お越しください。


また、木育の推進としておもちゃ広場(木製おもちゃの展示)や蜜蝋ハンドクリーム作成体験も企画しています。


時間帯限定・要予約ですが、中静先生の基調講演中、無料託児所も整えました。


長崎大学環境科学部の皆さんや福岡おもちゃ美術館さん、保育士さんをはじめ、多くの方々にもご協力いただき、対馬でこのようなアカデミックだけど、参加しやすいセミナーを開催できますことを感謝いたします。


より多くの市民や行政、林業事業者のみなさんに参加していただき、森の魅力や可能性を共有できたらと思います。


地元高校生のみなさんは、長崎大学に進学を希望するなら、是非この機会にお越しいただけたら、環境科学部の先生や学生さんからお話を聞くブースも用意しています!


基調講演と口頭発表はオンラインで聴講できます。




昨年度の様子(長崎大学のウェブサイトから)




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page