• maonyan

あなご漁師が家族経営する すし処 慎一

更新日:7月31日


対馬市 すし処 慎一(築城慎一さん・順一郎さん・建太郎さん)

対馬の北の玄関口、比田勝にある「すし処 慎一」。



対馬あなご幸生丸の船長・漁師である長男、板前の次男、加工の三男が一蓮托生で対馬のアナゴの6次産業化に取組んでいます。





弊社では、すし処慎一さんのデザイン関係のトータルプロデュースを任せていただいており、イラスト作成や大漁旗の作成、アナゴの加工品の新商品のパッケージデザインの作成などの仕事をいただいております。


新商品開発のコーディネートもさせていただいておりますが、グラッツェミーレの森澤シェフとの共同開発による新商品が間も無く販売開始予定となりますので、楽しみにお待ちください。


すし処慎一さんは、対馬の旬の鮮魚を使った極上の料理が揃っています。

大将の握る寿しは最高です。






すし処 慎一さんのオフィシャルウェブサイトはこちら:

https://www.sushi-shinichi.com/



「ながさき水産業大賞」受賞!


9月22日付で、ながさき水産業大賞運営委員会が選定する「ながさき水産業大賞」に、上対馬の水産事業者であるすし処 慎一の御三方が受賞されました!




すし処慎一では、対馬の中でも地元産の鮮魚を使ったネタで最高の寿司等を食べることができます。大将が握るお寿司をカウンターで食べると、昇天します。あなご料理や釜飯等も提供され、まさに、上対馬の食の拠点となっています。


弊社では、4年前から飲食店(すし処慎一/島めし家 北斗)・お土産店(ゆずり葉)の広報ツール作成や新商品開発(専門家招聘やパッケージデザイン、啓発資料作成)等、継続的に関わらせていただいていてます。


今後も、上対馬のリーダーとして、築城三兄弟のみなさんが新しい事業を展開される中で、私たちも後方支援ができれば最高に幸せです。


弊社に仕事を下さる皆さまは皆、熱い思いを持って、実際に事業に前向きに取り組み、成果を着実に出し、地域に大きく貢献されていて、私たちはいつも勇気と元気と生き甲斐をいただいており、本当感謝しかないです。


築城慎一さん・順一郎さん・建太郎さん、栄誉ある大賞の受賞、おめでとうございます


上対馬にお越しの際は是非、すし処慎一にお越しください。 お土産として、あなごの加工品も絶賛発売中です!


すし処慎一さんのウェブサイト https://www.sushi-shinichi.com/


島ぞうさん(旅の輪九州さんの通販サイト) https://shimazosan.theshop.jp/



「ながさき水産業大賞」での受賞理由: 長男慎一さんが水揚げしたアナゴを、次男順一郎さん・三男建太郎さんが調理・加工して、地元消費者、観光客に直接提供する生産販売体制を整え、生産者価格、高鮮度を信条にして、高い顧客満足度を得る総合経営を実現した。「すし処慎一」を拠点としてアナゴ生産地であることが観光資源として活用できることを実証した。アナゴ料理は、対馬の食文化として、また新たな観光資源として高く評価され、観光業の活性化や雇用創出にも大きく貢献している。

閲覧数:167回0件のコメント

最新記事

すべて表示