つなぐ部門
物販
​業務実績

対馬市(2014年4月〜2016年3月)

第2次対馬市総合計画(前期計画)策定支援業務

第2次対馬市総合計画(前期計画)の策定にあたり、市民・行政・事業者へのヒアリング、各地区の地域づくり計画(宣言)の作成支援、外部集落支援員チームのサポート、外部講師招聘等の支援業務を行い、計画案を作成した。

対馬市(2013年6月〜2018年3月)

域学連携地域づくりコーディネート支援業務

対馬市域学連携地域づくり推進計画の策定支援(2013年)及びその実践のためのコーディネート業務全般を行なった。大学生のインターンの受入や島おこし実践塾の準備・運営、対馬学フォーラムの開催、計画実施のためのコンサルティング支援など。

環境省(2017年6月〜2019年3月)

ツシマヤマネコの生息環境と関連産業の持続可能な地域社会づくり検討業務

自然共生型の地域社会づくりの推進するための具体的な施策・事業計画の検討・提案を行った。また、対馬市役所職員や一次産業従事者を対象とした勉強会および意見交換会を実施した。また、対馬の自然資源を生かした島づくりに向けたシンポジウムを開催した。

対馬市(2018年4月〜2020年3月)

食害生物の商品化に関する調査

研究業務

磯焼けの原因の一つとされる食害生物の資源化に向けた調査研究を実施。イスズミやガンガゼの商品化を水産加工事業者などと連携して取り組む。対馬市主催の磯焼け対策研修会や試食会の運営支援やFish-1グランプリへの参加などを支援。

五島市(2018年4月〜2020年3月) 

​奈留まちづくりアドバイザー事業

奈留島の産業の活性化に向けて、事業拡大の可能性がある事業者に対して、ヒアリング調査を行い、人材ニーズや課題の調査・分析を行うとともに、事業拡大を行う事業者への助言・指導を行った

環境省(2020年6月〜)

地域循環共生圏プラットフォームづくり

対馬の森林生態系サービスの向上と持続可能な利用を目指して、連携主体を集めたプラットーフォームを作りいきものと共生する森づくりの実行部隊を組織化する。今年度は、現場の把握と計画策定などを行う。

HPつしまじねんじょ.jpg

【対馬】昭大建設 2018年〜

つしまじねんじょのブランィング

対馬で育ったグレンゼファームの「つしまじねんじょ」のブランディング戦略の企画提案と、パッケージや関連グッズ、情報発信ツールの制作、ウェブサイトの作成など

HP大浜農園.jpg

【西表】大浜農園 2019年〜

​米粉の商品パッケージ等作成

沖縄県西表島。イリオモテヤマネコが生息する白浜集落で米づくりを行う大浜農園。米粉を活用した商品のデザインを制作。大浜農園のブランドイメージを提案。

HPすし処慎一.jpg

【対馬】すし処慎一 2018年〜

あなごの加工品パッケージ等

兄(漁師)が釣ったアナゴを弟(板前)が調理する「すし処慎一」の新商品開発を支援。外部専門家を招聘し、手軽に本格的なアナゴ料理を開発。パッケージや啓発物も作成。

HP佐護ツシマヤマネコ米.jpg

【対馬】佐護ヤマネコ稲作研究会

ヤマネコ米のブランディング

ツシマヤマネコが利用する田んぼを環境負荷の低い農法で栽培したお米、ツシマヤマネコ米。ブランディングに向けてパッケージのイラストを作成、ギフトセット(箱)の提案、啓発用の関連グッズの作成など。

HP自社商品.jpg

【対馬】自社

いきもの雑貨の商品開発

いきものをレスペクト(尊重)する気持ちを多くの人と共有したい。そんないきもの好きをターゲットにした専属デザイナー渾身の自社商品の制作。対馬や沖縄のいきものをモチーフにしている。

HP2020バスデザイン.jpg

【対馬他】対馬市・事業者

ラッピングバス

バスのラッピング用のイラストの作成。対馬内のスクールバスや島内の周遊バス、島外の事業者からも幼稚園のスクールバスも受託。

【対馬】丸徳水産 2019年〜

そう介の商品パッケージ等

食害魚であるイスズミを食材として活用し、磯焼け対策による藻場再生と水産業の活性化を目指すプロジェクト。ロゴやチラシ、イベントブースの啓発物(横断幕やのぼりなど)を作成。

【対馬】自社事業 2017年〜

ポロシャツのデザイン制作

対馬の自然をモチーフにしたオリジナルポロシャツの制作。毎年春に全島に営業にまわり、受注している。対馬の魅力を発信するツールとして販売。特注のデザインの作成も随時受け付けている。

【対馬】事業者 2019年〜

ウェブサイトのデザイン制作

お客様のニーズにお応えするウェブサイトの作成をご支援。

対馬CAPPA様、バランスケアラボつしま様、奈留町漁業組合、MIT、佐護ヤマネコ稲作研究会

HYY_0700.jpg

【対馬】2017年〜

佐護ヤマネコ稲作研究会事務局

佐護ツシマヤマネコ米の販売窓口の体制整備と販路拡大、情報発信などの支援。現在は、オーナー制度の事務局とヤマネコ米の販売などで協働している。

IMG_3239.JPG

【対馬】佐須奈小中学校 2019年〜

総合学習・地域コーディネート

​弊社の事務所のある佐須奈の小中学校の総合学習(中1)を企画・運営サポートを行なった。2020年から地域コーディネーターに代表が着任。

IMG_6738.jpg

立教大学  2017年〜2018年

​域学連携コーディネート業務

立教大学ESD研究所が対馬市と提携し、対馬でフィールドワークを実施。現地コーディネーターとしてサポート。地元小中学校や高校とのESD推進を後押しした。

【対馬】県森連 2020年 2月

カホンプロジェクトの運営支援

対馬の間伐材を使ったカホン(打楽器)作成や演奏を通じた木育イベントの開催運営を支援した。チラシ・ポスター作成も担った。

【対馬】自主開催 2019年〜

秋の収穫感謝会の企画・運営

対馬の秋の収穫物であるはちみつ・しいたけ・ゆず・自然薯の収穫イベントを企画・運営した(自主開催)。

【対馬】長崎県 2019年11月

地域おこし協力隊職員研修の開催

長崎をはじめとする九州地区の地域おこし協力隊を対象した研修プログラムの企画・運営を行なった。

【対馬】対馬市 2017年〜

農林水産業インターンシップ事業

農林水産業の担い手確保を目的とした農林水産事業者と若者(移住希望者)をマッチングし、現地でのインターンの受け入れをサポート。

その他の事業
  • 伊奈鳥獣保護区の現状把握及び適正管理手法検討業務​(環境省 2018年)

  • 対馬市地域福祉計画 地域意見交換会・ワークショップ開催支援(シンクながさき 2018年)

  • サントリー世界愛鳥基金 佐護地区大型鳥類生息環境保全事業の運営補助​(佐護ヤマネコ稲作研究会 2018年)

  • 地方版人口ビジョン及び第2次対馬市総合戦略策定に係る地元高校生への就業及びUIターン意向等アンケート調査業務​(対馬市 2019年)

  • アナゴの水産加工品開発に関するコンサルティング業務​(すし処慎一 2019年)

  • 異業種のいいとこ集めて満足度ステップアップ事業にかかる委託業務 (今村商店 2020年)

【商品の紹介】
​【デザインイラストギャラリー】
ロゴ作成

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

パッケージ作成
チラシ・ポスター・パンフレットなど
消しゴムはんこ
消しゴムはんこ西表のなかまたち
消しゴムはんこ西表のなかまたち

消しゴムはんこ おさかな
消しゴムはんこ おさかな

似顔絵はんこ
似顔絵はんこ

消しゴムはんこ西表のなかまたち
消しゴムはんこ西表のなかまたち

1/7
大漁旗・似顔絵
大漁旗3
大漁旗3

Describe your image

似顔絵カラー_奈留
似顔絵カラー_奈留

大漁旗1
大漁旗1

Describe your image

大漁旗3
大漁旗3

Describe your image

1/6
建築物の看板
2018対馬空港エントランスイラスト
2018対馬空港エントランスイラスト

Describe your image

2020観光物産協会看板イラスト
2020観光物産協会看板イラスト

Describe your image

名称未設定2
名称未設定2

Describe your image

2018対馬空港エントランスイラスト
2018対馬空港エントランスイラスト

Describe your image

1/4
バスのラッピング
対馬交通バス2017 (1)
対馬交通バス2017 (1)

Describe your image

浅海スクールバス2018 (1)
浅海スクールバス2018 (1)

Describe your image

26686067_1613995265346548_70430718386870
26686067_1613995265346548_70430718386870

Describe your image

対馬交通バス2017 (1)
対馬交通バス2017 (1)

Describe your image

1/4
吉野デザイナーのアートギャラリー
吉野代表のフォトギャラリー
​その他
講演実績・執筆・メディア・受賞歴
【講演実績】
  • 厳原北小学校「持続可能な社会に向けた MITの挑戦」(2020年9月)

  • 対馬グローカル大学「持続可能な社会に向けた MITの挑戦」(2020年8

  • 八日会「自然共生型の持続可能な島づくりを目指して」 (2020年4月)

  • 峰西部中学校「対馬で働くという選択肢を」(2020年2月)

  • 上対馬高校「上対馬学~対馬は仕事が山積み課題先進地~」(2020年2月)

  • 鶏知中学校「対馬で働くという選択肢を」(2019年6月、2020年2月)

  • 第14回日韓湿地フォーラム「長崎県対馬におけるツシマヤマネコ米の取り組み」(2019年11月)

  • 富士通「対馬の課題と今後の目指すべき方向性」(2019年10月)

  • 長崎県議視察団「自立と循環の持続可能な島づくり」(2019年10月)

  • 明治大学 「対馬の持続可能性について」(2019年9月)

  • 厳原北小学校「対馬で働くという選択肢を」(2019年6月)

  • 佐須奈中学校「中1総合学習:地域資源をみつけ・いかし・つなごう!」(2019年6月、9月、10月)

  • つなぐネット海と森「対馬発自然共生型社会を目指して」(2019年9月)

  • 仁田小学校「ビオトープを作ろう!」(2019年9月)

  • 九州国際大学「対馬の持続可能性について」(2019年9月)

  • 武蔵高校「地球・人類全体の問題と対馬の未来」(2019年8月)

  • 対馬高校「対馬で働くという選択肢を」(2019年5月)

  • ​対馬市教育委員会(校長会)「対馬の魅力発見」(2019年4月)

【執筆】
  • 「地域資源のデザイン化と生物多様性の保全活動で活力を-対馬らしさをみつけ・活かし・継承する」季刊しま No.262, 2020年6月

  • 持続可能な島づくりに向けた・続MITのビジネスモデル-地域課題の解決に向けて地域人材をみつけ、いかし、つなぐ -」地方行政, 2020年518

  • 持続可能なしまづくりに向けたMITのビジネスモデル(3)-地域資源を生かしたビジネスをデザインする会社MIT」地方行政, 201893

  • 「持続可能なしまづくりに向けたMITのビジネスモデル(2)-地域資源を生かした地域定住型コンサル会社の生き残り戦略」地方行政, 2018年820

  • 「持続可能なしまづくりに向けたMITのビジネスモデル-自治体ごとに地域定住型コンサルティング・デザイン会社を育てよう(1) 」地方行政, 2018年7月30

  • 対馬モデルへ:域学連携のエコアイランド構想 BIOCITY No. 58, p43-47「島おこし実践型教育プログラムによる域学交流」

【メディア】
【受賞歴】

地方自治法施行70周年記念 地方自治功労者総務大臣受賞(2017年12月)

  • 「藻食魚介類 オブジェや揚げ物に」長崎新聞 2020年7月12日

  • 「対馬 海の厄介者○○がランプシェードに」長崎テレビ よじまる 2020年9月2日

  • 「殻がオブジェに変身」長崎新聞 2019年7月23日

  • 「長崎のデザインを旅する」にこり 2019年 No 43

  • 「有人国境法にもとづく施策の現況-長崎県対馬市」東海大学教授 山田吉彦 しま No255 2018年9月